リレーションシップがwebマーケティング最大の特徴として挙げられます。アンケートひとつ取るにしても、不特定多数の消費者を相手にするため、かなり苦労していたというのが実状です。

 

情報というものは、速報性が重要であり、鮮度が命ともいえるくらいです。何より、個々に獲得した顧客を管理することが非常に難しく、どんなことがあってもこれらの方法の場合、新規獲得に力を注ぐというスタイルになってしまいます。

 

一日、あるいは一時間のブランクが分野によっては、致命的となることも十分にあります。何より雄大のは、そのシステムを顧客が利用する点です。

 

インターネットを利用したマーケティングの場合は、それに対し、情報の提供をはじめ、簡単に様々なリレーションシップが行えるようになりました。さて、その速報性、そして広がりにインターネットの利点はあります。

 

そのため既存の顧客が新規獲得を行ってくれるという構図が成立し、その結果顧客の管理が焦点となるのです。たとえば、拡大方法として口コミという情報がありますが、これがインターネットの場合は非常に最高速報性をもって行われます。

 

常に最新の情報を捉えられるインターネットは、そういった情報社会の中で、マーケティングとの相性が最高に最善といえます。雑誌や新聞などのマスメディアを使った宣伝広告を中心に従来のマーケティングは行われてきました。